歯の治療は早めに

足のマッサージ

歯医者は基本的に歯が痛くなったときに通いますが、事前にいろいろ自己申告しておく必要がある方もいます。どんな時かといいますと、薬や麻酔などに制限がある方です。歯医者に関わらず制限がある人は病院に通う時に最初に自己申告しておく必要があります。何も言わないと強い薬を投与されて副作用などが起こってしまうこともあります。歯医者で注意したいのは妊娠している場合です。安定期になれば大丈夫だとは言われていますが、初期の段階では赤ちゃんの臓器が作られる最中でもありますから歯医者での麻酔などの影響によって臓器に異常が発生してしまう可能性もないとは言い切れません。薬に制限のある人は妊婦さんは治療前に自己申告しましょう。

虫歯に関しては長期に渡って治療しなければならない場合もあります。まだ初期段階のうちは簡単な治療で済みますから大体一回程度で治療が終了します。しかし虫歯が進行したり、神経にまで到達している場合は一か月程度治療に時間を要してしまう場合があるのです。一度消毒をして様子を見てまた消毒をしてなどと同じような作業を繰り返すこともあり、何故こんなに時間がかかるのだと疑問に思う事もあるかもしれませんが、早急に治療したいのならば医師に相談してみてください。相談することによって段階を飛び越えて治療するケースもあります。そして歯医者によっては治療の仕方が変わりますからあらかじめどれくらい治療に時間が掛かるのか問い合わせておいた方が良いでしょう。