事前の計画

マッサージする手

インプラント治療を受けたい場合は、まずインプラント治療を行っている歯科医院でカウンセリングを受けるところから始まります。カウンセリングでは、簡単なレントゲンや検査が行われ、患者さんひとりひとりに合った治療方法や治療費用、治療期間などの説明が行われます。治療方針に納得がいけば、手術を行うための下準備として精密検査がおこなれます。精密検査ではCT検査が用いられ、患者さんの歯の状態をより正確に把握し、これにより具体的な治療計画が立てられることになります。その後、精密検査の結果をもとに手術が開始されますが、インプラントの治療には最低でも半年は必要になるため、スケジュールや予算のバランスを考えて、歯医者さんと相談しながら無理のない治療計画を立てることが大切です。

これまで欠損した歯を補う方法といえば、入れ歯やブリッジが一般的でしたが、インプラント治療が新たに登場したことにより、この概念が変化しつつあります。入れ歯やブリッジよりインプラント治療の方が人気を集めている理由として、インプラントの見た目の良さと違和感のなさにあります。インプラントは見た目を損なわず、まるで自分の歯のように食事や会話をすることができるため、これまで入れ歯やブリッジに抵抗を感じていた方にもおすすめです。さらに、他の歯に負担をかける心配がなく、体への負担も少ないため、すべての人におすすめの治療方法といえます。ただし、ある程度の治療費用が必要となるため、インプラント治療を受けるときは慎重な判断が求められます。